« 聖ひばり御殿 | メイン | ワンダーガーデン »

2012年1月 4日 (水)

岸田國士傑作短編集

観劇日…2011年11月20日
劇場…八尾プリズムホール小ホール

 文学座創立メンバー岸田國士の短編3本「明日は天気」「驟雨」「秘密の代償」が上演されました。
この3本は約80年前に書かれたもので、その当時の東京言葉(新派とも違う)のなだらかな言い回しが、今ではすっかり聞かれなくなっているので、かえって耳新しい感じがしました。

 岸田國士さんが創立された文学座だからこそ、 80年前の作品が、俳優さんたちの演技力で現代でも理解されることが証明されたと思いました。但し、現代と違って奥ゆかしいところがあるので、見てるこちらが察しないといけないところが少々ありましたが。

 「明日は天気」は避暑に海水浴のできる旅館に滞在している夫婦の話。折角避暑に来たのに雨続きで海水浴ができず、部屋で退屈を持て余している二人の会話が続きます。現代ならスマホでゲームとかぼんやりテレビでも見て時間潰せたのになと思って見てしまいました。

 「驟雨」はぼちぼち倦怠期を迎えた夫婦のところに、妻の妹が新婚旅行の愚痴を言いにくるという話。妹の話を聞いていて、80年前の箱入り娘とはこんなものなのかと思いました。当時だと結婚するまで男と付き合うなど、良家の娘としてあるまじき行為だったのでしょうから、男の本質を知って愚痴りたくなるのも仕方が無いかなと思いました。

 「秘密の代償」は金持ちの家で美人の女中が突然辞めたいと言い出します。奥さんのお気に入りの女中だったので、突然の申し出に驚き訳を聞くのですが、はっきり辞める理由を女中が言わないので、ひょっとして旦那か息子のどちらかが、女中に手を出したのではと疑って…という話でした。
 結局この女中は窃盗犯で、タンスの中にあった大金を盗んで逃げている途中で警察官に捕まってというオチでした。
 奥さんがあれこれ早合点し空回りするのですが、旦那も息子も美人の女中に満更でもなさそうにも見えるし、80年前なので露骨な表現も抑制されているので、その焦らされてる感が最後のオチに効いていたように思いました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/353677/27717711

岸田國士傑作短編集を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。