« 第二十一回上方歌舞伎会 | メイン | 聖ひばり御殿 »

2012年1月 2日 (月)

曽根崎心中

観劇日…2011年10月23日
劇場…国立文楽劇場小ホール

南条好輝の近松心中物二十四番勝負・その二十四

南条好輝の近松二十四番勝負の最終回は、近松の出世作ともなった「曽根崎心中」でした。
この作品は成駒屋の代表作で芝居も見たことがありますが、今回のような朗読劇だとお初徳兵衛の二人の会話が濃密で、今まで見てきた近松作品の中でも余計な入れ事も少なく、近松の出世作として頷けました。

 徳兵衛の側から見れば、こんなに愛しているお初がいるのに、自分の叔父でもある親方が妻の姪を嫁にせよと言ってくると叔父のことを悪者のように言いますが、こちらが親ぐらいの年齢になったせいか、親方が徳兵衛を心配して遊女と手を切らすべく嫁取りの話を持ちかけてきたことも理解できます。

 また嫁取りを断ると継母が勝手に受け取っていた持参金の金二貫目を返せと親方に言われます。それで徳兵衛は継母から二貫目を取り返してきますが、まだ曽根崎心中では継母の存在があまり重要ではなかったようで、あっさり語られてしまったのに、少々驚きました。今まで見てきた近松心中物では、主人公をいじめる継母や継父の場面がかなり重要で、強烈な個性の継母に楽しませてもらってきたからです。

 徳兵衛の敵役九平次は二貫目の金を1日だけ融通して欲しいと徳兵衛に頼み、徳兵衛は男気で貸してしまいます。町衆と一緒にやってきた九平次に期限が過ぎているので金を返せと迫っても、そんな金を借りた覚えは無い、借用書は偽判であると開き直り、かえって徳兵衛が悪者にされてしまいます。

 この辺りは曽根崎心中だけではなく、他の狂言でも似たような展開があり、男が心中を決心する重要な事件になり、演劇的にも見所になるのですが、冷静に考えれば、お初と会うためには茶屋に金を払わねばならず、その遊ぶ金が借金となり、それがかさんでにっちもさっちも行かなくなって心中せねばならなくなったのでしょう。ただ芝居小屋も遊女屋も繁華街を支える一員で、持ちつ持たれつだっただろうし、遊女屋のやり方を非難する脚本を書くわけにもいかないとなると九平次のような人間を出すことになるのだろうなと思いました。

  近松心中物の雛形としての曽根崎心中、この作品から年代を追って心中作品を読んでいけば、近松の作劇術について、色々得ることができるのではと思いました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/353677/27699509

曽根崎心中を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。