« 2011年11月 | メイン | 2012年4月 »

2012年1月

2012年1月 4日 (水)

岸田國士傑作短編集

観劇日…2011年11月20日
劇場…八尾プリズムホール小ホール

 文学座創立メンバー岸田國士の短編3本「明日は天気」「驟雨」「秘密の代償」が上演されました。
この3本は約80年前に書かれたもので、その当時の東京言葉(新派とも違う)のなだらかな言い回しが、今ではすっかり聞かれなくなっているので、かえって耳新しい感じがしました。

 岸田國士さんが創立された文学座だからこそ、 80年前の作品が、俳優さんたちの演技力で現代でも理解されることが証明されたと思いました。但し、現代と違って奥ゆかしいところがあるので、見てるこちらが察しないといけないところが少々ありましたが。

 「明日は天気」は避暑に海水浴のできる旅館に滞在している夫婦の話。折角避暑に来たのに雨続きで海水浴ができず、部屋で退屈を持て余している二人の会話が続きます。現代ならスマホでゲームとかぼんやりテレビでも見て時間潰せたのになと思って見てしまいました。

 「驟雨」はぼちぼち倦怠期を迎えた夫婦のところに、妻の妹が新婚旅行の愚痴を言いにくるという話。妹の話を聞いていて、80年前の箱入り娘とはこんなものなのかと思いました。当時だと結婚するまで男と付き合うなど、良家の娘としてあるまじき行為だったのでしょうから、男の本質を知って愚痴りたくなるのも仕方が無いかなと思いました。

 「秘密の代償」は金持ちの家で美人の女中が突然辞めたいと言い出します。奥さんのお気に入りの女中だったので、突然の申し出に驚き訳を聞くのですが、はっきり辞める理由を女中が言わないので、ひょっとして旦那か息子のどちらかが、女中に手を出したのではと疑って…という話でした。
 結局この女中は窃盗犯で、タンスの中にあった大金を盗んで逃げている途中で警察官に捕まってというオチでした。
 奥さんがあれこれ早合点し空回りするのですが、旦那も息子も美人の女中に満更でもなさそうにも見えるし、80年前なので露骨な表現も抑制されているので、その焦らされてる感が最後のオチに効いていたように思いました。

2012年1月 3日 (火)

聖ひばり御殿

観劇日…2011年10月30日
劇場…ABCホール

 ジャンヌ・ダルクと美空ひばりさんの人生をモデルにした作品で初演から16年ぶりの上演でした。
狸御殿が舞台ですので、イギリス対フランスが狐対狸の戦争と言う設定でした。ジャンヌ・ダルクの復権裁判が始まり、家族やシャルル7世などが証人として呼び出され、ジャンヌ・ダルクの人生が描かれていくのですが、父親が魚屋だったり母親がステージママだったりと、どこか美空ひばりさんを想像させ、昭和歌謡のメロディで芝居に合わせた替え歌がふんだんに登場しました。

 16年前の加納座長のオリジナルが元になっているので、パンフレットにも書かれていたとおり、少々混沌としていました。私は初演の「聖ひばり御殿」を見ていなかったので、途中までこの芝居がジャンヌ・ダルクが処刑されてから24年後の復権裁判のことだと知らずに見ていました。というかジャンヌ・ダルクに復権裁判というものがあった事自体も知らなかったのですが。

 この公演で感じたのは、とにかく花組芝居の若手陣の奮闘でした。主人公の元祖姫狸田の君役・堀越涼、娘狸玉木役・二瓶拓也、狸穴屋金之助他2役・谷山知宏がいつの間にやら主要なキャストとして芝居をまわすことができるように育っていたこと。大阪に住んでいるので、花組芝居は年に1回の本公演にしか行かないということもあり、若手の成長を目の当たりにし、花組芝居も当分安心だなと思いました。

2012年1月 2日 (月)

曽根崎心中

観劇日…2011年10月23日
劇場…国立文楽劇場小ホール

南条好輝の近松心中物二十四番勝負・その二十四

南条好輝の近松二十四番勝負の最終回は、近松の出世作ともなった「曽根崎心中」でした。
この作品は成駒屋の代表作で芝居も見たことがありますが、今回のような朗読劇だとお初徳兵衛の二人の会話が濃密で、今まで見てきた近松作品の中でも余計な入れ事も少なく、近松の出世作として頷けました。

 徳兵衛の側から見れば、こんなに愛しているお初がいるのに、自分の叔父でもある親方が妻の姪を嫁にせよと言ってくると叔父のことを悪者のように言いますが、こちらが親ぐらいの年齢になったせいか、親方が徳兵衛を心配して遊女と手を切らすべく嫁取りの話を持ちかけてきたことも理解できます。

 また嫁取りを断ると継母が勝手に受け取っていた持参金の金二貫目を返せと親方に言われます。それで徳兵衛は継母から二貫目を取り返してきますが、まだ曽根崎心中では継母の存在があまり重要ではなかったようで、あっさり語られてしまったのに、少々驚きました。今まで見てきた近松心中物では、主人公をいじめる継母や継父の場面がかなり重要で、強烈な個性の継母に楽しませてもらってきたからです。

 徳兵衛の敵役九平次は二貫目の金を1日だけ融通して欲しいと徳兵衛に頼み、徳兵衛は男気で貸してしまいます。町衆と一緒にやってきた九平次に期限が過ぎているので金を返せと迫っても、そんな金を借りた覚えは無い、借用書は偽判であると開き直り、かえって徳兵衛が悪者にされてしまいます。

 この辺りは曽根崎心中だけではなく、他の狂言でも似たような展開があり、男が心中を決心する重要な事件になり、演劇的にも見所になるのですが、冷静に考えれば、お初と会うためには茶屋に金を払わねばならず、その遊ぶ金が借金となり、それがかさんでにっちもさっちも行かなくなって心中せねばならなくなったのでしょう。ただ芝居小屋も遊女屋も繁華街を支える一員で、持ちつ持たれつだっただろうし、遊女屋のやり方を非難する脚本を書くわけにもいかないとなると九平次のような人間を出すことになるのだろうなと思いました。

  近松心中物の雛形としての曽根崎心中、この作品から年代を追って心中作品を読んでいけば、近松の作劇術について、色々得ることができるのではと思いました。