« 2011年7月 | メイン | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月 3日 (土)

長町女腹切

観劇日…2011年6月19日
劇場…国立文楽劇場小ホール

 南条好輝の近松世話物二十四番勝負・その二十三

 京都の刀屋職人・半七は遊女のお花と深い仲で、お花の年季が明けたら夫婦約束をしていた。しかし強欲な義父と抱え主の主人から、金二十両で年季を延ばすよう迫られていた。
 それを知った半七は叔母から預かった刀を売り払って二十両を作る。
 叔母には偽物の刀を渡していた。叔母はそれに気付かず、刀を武士のお屋敷に納めていた。
 お花と共に、京都から逃げて来た半七が叔母の家にやって来た時、お屋敷より呼び出されていた叔父が刀が偽物だったことで叱責されて帰って来る。
 叔母は三代に渡って祟るという刀の因縁が半七に悪心を起こさせたとして、全ての責任を被って腹を切る。

ショッキングな題名のこの近松作品は二つの心中事件から作られたそうです。
一つは京都の半七お花の心中、もう一つは大坂長町の女の腹切りです。
大阪に住む観客にとっては、町人の女が腹切りに及んだことがショッキングな話題となっていたはずです。その事件のきっかけとして、京都の心中を利用したといえるでしょう。

 本当にあったニュース性の高い作品だったので、現代でも面白く聞くことが出来ました。ただ残念ながら最近では舞台化されていないとのこと、半七お花には若手役者を叔母には実力がある女形さんがなされば、見応のある芝居になるのではないでしょうか。